板橋区の相続でよくあるご質問

 

遺産はどのような割合で相続されるのでしょうか?

遺言がない場合、被相続人(亡くなった方)の遺産は、次のように分けられます。 まず、相続人に配偶者の方がいらっしゃるかどうかがポイントになります。 

1.配偶者(亡くなられた方の夫または妻)と子供がいる場合配偶者と子供が2分の1ずつ相続します。その他の方は相続しません。

2.被相続人に子供がなく、配偶者と直系尊属(被相続人の両親など)がいる場合配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1相続します。その他の方は相続しません。

3.被相続人に子供も両親もなく、兄弟姉妹がいる場合配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1相続します。その他の方は相続しません。

4.被相続人に子も直系尊属も兄弟姉妹もいない場合配偶者が全て相続します。 

それでは、子供や直系尊属、兄弟姉妹が複数いる場合はどうでしょうか。 
この場合は、それぞれのカテゴリーが相続する分を頭数で割ることになります。
例えば1の場合で、子供が2人いる場合は、子供というカテゴリーに2分の1の相続分が割り当てられて、それを2人の子供で分けます。つまり、2分の1を2人で分けるので4分の1ずつになります。3の場合で、兄弟姉妹が4人いた場合は、兄弟姉妹というカテゴリーに4分の1の相続分が割り当てられて、それを4人で分けるので、4分の1を4で割って、16分の1ずつとなります。

それでは、被相続人に配偶者がいない場合はどうなるのでしょうか。
考え方は同じで、上記の1〜3の場合を配偶者がいないものとして考えます。つまり、子供がいれば子供、子供がいなければ両親(直系尊属)、子供も直系尊属もいなければ兄弟姉妹が全て相続します。

子は既に亡くなっているのですが、孫を養子にしていました。この場合、相続割合はどうなるのでしょうか。

被相続人は、孫を養子にしていました。被相続人が亡くなった時点で、子(孫の親)は死亡していました。孫は、養子としての相続分と孫としての代襲相続分の両方を相続するのでしょうか。 結論を言うと、両方相続します。例えば、被相続人に他の子が一人いた場合、養子である孫は、養子として3分の1、孫としての代襲相続分として3分の1、合計3分の2を相続します。

内縁の夫が亡くなったのですが、内縁の夫を相続して、内縁の夫の持ち家に住み続けることはできるのでしょうか。

内縁の配偶者に相続権はありません。 それでは、相続人は、被相続人の所有していた家屋に居住する内縁の配偶者を退去させることはできるのでしょうか。
具体的な事例によりますが、やみくもに退去させようとした場合は、権利濫用として認められない場合が多いと考えられます。もっとも、退去する必要が無くても、内縁の配偶者の居住権は強くはないので、相続権のない内縁の配偶者に対しては予め遺言をしておいたり、共同所有の登記をするなどの対策をする必要するべきでしょう。


板橋区相続センター問い合わせ
▲このページのトップに戻る