家族の相続を「争続」にしないため

某文房具メーカーで発売した「遺言書キット」という商品が2ヵ月で2万冊も売れ、新聞や雑誌で取り上げられました。

この商品を開発したメーカーの調査によれば、30代〜60代の80%の方が「遺言が必要」と思っているにもかかわらず、実際に遺言を書いた方はたった5%足らずだったとのことです。 

相続に関する問題で一番多いのが、遺産分割に関する紛争です。

たった1枚の遺言書で、最愛のご家族の無用な争いを予防することができます。

そして遺言書は、作成した方の思いを、残された方々に伝える最後の手紙です。

当事務所では作成される方の気持ちに寄添い、法律に定められた有効な形式を守りながら、より確かに思いが伝わり、その遺志が実現される遺言書を作成するお手伝いをさせて頂きます。

死期が迫ってからの遺言や、判断能力が不十分になった後に残した遺言は、時としてその効力自体が争いとなり、無効となることがあります。

遺言作成をお考えの方は早急に当事務所までご連絡下さい。 

遺言の作成|板橋区、練馬区、豊島区池袋相続センター

自分には遺言など関係ないと思っていませんか?

遺言は人生の集大成であると同時に、残された大切な人たちへの思いやりでもあります。

遺言を作成することで、様々なメリットが発生します。

遺言書のメリット1

遺産をめぐる家族の争いを回避することができる。

これが最大のメリットです。たった1枚の遺言書が「争族」を防げます。

遺言書のメリット2

亡くなった後の相続手続きがスムーズに進めることができる。

特に相続人が多いケースでは、この点も重要なメリットになります。

遺言書のメリット3

様々な気がかりな点を解決でき、安心した生活を送ることができる。

遺言を作成することで安心感を得ることができます。

遺言書の作成が必要なケース/板橋区、練馬区、豊島区池袋相続センター
遺言書の作成が特に重要となるケース

下記のうち1つでも該当する場合は特に遺言の作成が必要なケースです。

手遅れになる前に是非ご相談下さい。

 

チェック次のように考えていらっしゃる方

  • 「うちには財産がないから」必要ない →財産が少なくても相続手続きは発生します。
  • 我が家は「仲がいいから」必要ない →親がいる間はそうかもしれません。
  • 「まだ元気だから」必要ない →体調を崩してからの遺言は無効になるケースがあります。
  • 法律通りに分けてくれればいい →なかなか法律通りにいかないのが遺産分割です。
  • お金がかかってもったいない →その小さな節約が大きな負担を招きます。
  • 誰に相談すればいいか分からない →遺言は専門家に相談することが大切です。

チェック夫婦だけで子供がいないが、兄弟はいる

チェック内縁の妻がいる

チェック子供達の仲が悪い

チェック再婚したが、先妻との間に子供がいる

チェック再婚相手の子供にも相続させたい

チェック借金のトラブルに家族を巻き込みたくない

チェック個人事業を営んでいる

チェック相続人に認知症の方や、行方不明の人がいる

チェック特別に世話になった人がいる

チェック相続人が全くいない

遺言書の種類

遺言書には書き方やその方法によって幾つかの種類があります。

あらゆる点で「公正証書遺言」をお勧めします。

詳しくは「遺言書の種類」のページを参照下さい。

 詳しくは「遺言書の種類」へ

▲このページのトップに戻る